自律神経失調症
神経外科,片頭痛,偏頭痛自律神経の関連疾患

神経外科-片頭痛

若年層に多い頭痛の正体とは?

自律神経失調症

偏頭痛の辛さ頭部のこめかみに痛みを感じるという症状はありませんか?
吐いて戻したり、何も手につかなくなる程の痛みを呈する頭痛は片頭痛といって、偏頭痛と表記することもあります。
あなたの感じている痛みは、ただの頭痛ではなく偏頭痛ではないでしょうか?

偏頭痛は血管の拡張が起こす?

片頭痛の原因とは私たち日本人の約8%もの人が片頭痛で頭に痛みを感じています。
男性に比べ女性に多く見られ、10〜20代頃の若年齢で発症し、持続すると“頭痛持ち”と言われるものに移行していきます。

片頭痛の持続時間は、数時間から数日間にまで及ぶことがあります。
また片側の側頭部辺りが傷むのが一般的な片頭痛ですが、両側頭部や後頭部に痛みが出現することもあります。

偏頭痛の原因説はたくさん

片頭痛の原因は今現在、解明されている途中なのですが、原因説は多く挙げられています。
原因説の一つは脳の神経細胞が活性化し、異常をきたしているために起きる神経説では考えられています。

他にも三叉神経血管説は、顔面の痛覚や知覚を司る三叉神経が何らかの原因により刺激されると炎症や血管の拡張を引き起こす物質が分泌されます。
脳血管が拡張されて炎症が生じた場合、感覚神経が刺激され、脳に痛み刺激が伝達され頭痛が起こります。

血管説は、血液中の血小板から分泌されるセロトニンという物質量が変動したために起こると考えられています。
セロトニンが過剰に分泌されると血管が収縮します。時間の流れとともにセロトニンが分解され、収縮した血管が拡張します。
拡張した血管内で炎症を引き起こす物質が浮腫や血管壁に炎症を生じさせます。
この炎症等の痛みが脳神経に伝わり、頭痛が起こると考えられています。
この血管説はセロトニン学説とも言われています。

症状〜頭痛発作には予兆と前兆が見られる!?

片頭痛で悩んでいる人全員に起こるとは限りませんが、頭痛発作の前には予兆や前兆を感じている人と、感じていない人がいるそうです。
片頭痛の予兆では、「これから頭痛発作が起こりそうだ」という症状が見られ、偏頭痛を持っている約2割もの人が感じています。
予兆は、前兆とされる閃輝暗点(せんきあんてん)の前や頭痛発作が起こる数時間〜数日前に出現するようです。
予兆の症状としては、イライラ感や首・肩の凝り、空腹感や眠気などが出現します。

片頭痛が起こる前の前兆は2〜3割もの人に起きているようです。
前兆として出現するのが閃輝暗点(せんきあんてん:視界にチカチカやジグザグした光の点滅が見えたり、視野欠損などを訴えます)という症状で、数分から数時間ほど持続することがあります。
前兆に伴う症状として、言語障害や四肢末梢の痺れ等が出現することがあります。
この閃輝暗点は頭痛発作が起こる前には消失します。

片頭痛の症状は、“ガンガン”や“ズキンズキン”というような脈を打つような激痛(拍動性頭痛)があります。
頻度は月に1〜2回くらい、多い人は週に1〜2回くらいです。
また頭痛発作の随伴症状として嘔吐を伴ったり、頭痛発作が起きている間は少しの体位変換でも痛みが増強し、痛みのせいで活動が困難になり寝込んでしまうこともあります。
また普段の生活音が騒音に感じたり、明るい場所や周囲の雑音でも痛みが強くなります。

頭痛発作の対処法

片頭痛は活動するのが困難なほどの酷い痛みを呈します。
もちろん薬物療法も対処法の一つですが、薬物療法以外の対処法として、頭痛発作に必要なのが安静です。片頭痛では、生活音や電気の光でさえも頭痛発作を引き起こす要因になってしまうので、静かな場所で安静にしてください。
適度な睡眠をとると、拡張した血管が正常化されるとも考えられています。
しかし、日中に睡眠をとりすぎてしまうのは頭痛発作を誘発する要因になるので注意しましょう。
休眠が困難な場合は、椅子に座って安静にしているだけでも頭痛などの症状は軽快されるそうです。

また頭部に罨法をあてると症状に多少の改善が見られることがあります。
温罨法で温めるか、冷罨法でクーリングするか、どちらで症状が軽快するかは個人によりますので、自分に合った方法を探してみるのが良いでしょう。

偏頭痛に効く経穴(ツボ)マッサージとは

片頭痛は遺伝とも考えられていて、飲酒、ストレス、喫煙なども頭痛発作を誘発する危険因子となり、肩の凝りも偏頭痛を起こす要因かも知れません。

偏頭痛の痛みを軽快させる頭痛のツボをご紹介していきます。

陽陵線(ようりょうせん)

膝関節または膝蓋骨の外側をなぞりながら足先へ少し下がっていくようにすると、ポコッと突起した丸い骨を確認することができます。
その丸い骨から親指ひとつ分だけ下にさがると凹みがあり、加圧してみて痛みを感じればそこが陽陵線というツボになります。
10回ほど押しながらマッサージしましょう。

偏頭痛に効果が得られるとされています。

太陽(たいよう)

目尻と眉尻の外側、その中間にある頭皮の生え際近くの凹んだ部位が太陽というツボになります。
母子または示指(しじ:人差し指)の腹を使い、最初は弱く、次第に力を加えていき、最後はしっかりと押してマッサージしましょう。

このツボは眼精疲労から起こる頭痛に効果があると言われています。

印堂(いんどう)

左右の眉の付け根(眉尻ではなく、眉頭のほう)の中間、偏頭痛のツボは眉間にあります。
母子(ぼし:親指)または中指(ちゅうし)で少し指圧しながら、ゆっくりと10回くらい押してマッサージします。

偏頭痛を含む頭部の痛みに対し、効果が得られるツボです。

肩井(けんせい)

首の付け根から肩先までを結んだ中間にあり、指の腹で加圧して凝りを感じる部位が肩井です。
自分で肩井のツボを押すのは難しいので、他の人に背後から肩井をつかむようにしてもらい、母子の腹で強めに押してマッサージしてもらいましょう。

偏頭痛を含む頭部の痛みや、肩凝りが起因する頭痛に効果を現します。

天柱(てんちゅう)

後頭部の頭髪の生え際、後ろの首筋にある2本の太い筋の外側にある凹みが天柱です。
両手を後ろへ頭を抱えるようにして、母子の腹を使ってマッサージしましょう。

天柱は偏頭痛をはじめ、肩凝りから生じる頭痛や眼精疲労にも効果があるとされています。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング