自律神経失調症
泌尿器科,夜尿症自律神経の関連疾患

泌尿器科-夜尿症

夜尿症は子供だけではない

自律神経失調症

増えている夜尿症成人を過ぎ、大人と言われる年代になっても「夜尿症(おねしょ)」をすることがあるんですよ。
実はいま大人のオネショは増加傾向にあるのです。

大人になっても移行する夜尿症

大人のおねしょ大人はおねしょをしないと思っているのは間違っていました。
中学生以上になってオネショをしてしまっても成長すれば治るという考えも間違いなのです。

大人のおねしょは家族間だけの秘密とされ、内側に隠れていて表面上に出てきていないだけなのです。
また、大人の夜尿症は男性に多いと言われていますが、それは女性の方が羞恥心から治療にきていないからなのです。

大人がお漏らしする原因とは

夜尿症は3〜4歳頃には消失し、遅い子でも小学校入学頃には消失すると言われているのですが、子供に見られるや尿には先天性の遺伝体質が関係していました。
おねしょをしてしまう約9割もの子供は両親が夜尿症になったことがあり、遺伝と言われています。

大人の夜尿症は、大きなストレスが掛かったことにより漏らしてしまうことがあります。それはストレスによって自律神経が乱れ、失調状態となるためです。
自律神経失調症が発症したことにより、就寝中に分泌される抗利尿ホルモンの分泌が抑制され、尿の生産量が増加してオネショをしてしまうことがあります。

また大人のおねしょには一次性と二次性があり、一次性というのは幼少時から夜尿症が継続している場合のことを指します。
二次性とは、一時期治癒していたおねしょが半年〜数年以上を置いて再発した場合を言います。
この二つの比率は一次性の方が80〜90%と多く、二次性は10〜20%とあまり多くありません。

二次性の夜尿症を誘発してしまう因子として挙げられているのは、「過度の緊張状態やストレスを持続的に受け続けた場合」、「腎臓や膀胱、尿道の筋肉である括約筋などが弛緩している場合、疾病の可能性も考えられます」、「一度の飲酒で酷く酔っていてもアルコールを摂取し続けた場合」などがあります。

そのほか大人のオネショの誘因として挙げられている睡眠リズムに関して、夢や睡眠の深さは夜尿症との関係性がないことが解明されてきています。

おねしょ治療〜安心な夜を過ごすために

大人の治療にも共通して言えるのが、「焦らない」「起こさない」「怒らない」です。
大人の場合、幼少期よりもオネショをしてしまったという自覚が強いため、精神的に追い込まれやすくなります。

夜尿症には薬物治療やアラーム治療などがあります。
薬物治療には膀胱機能を落ち着かせる抗コリン剤や、尿量を減少させる抗利尿ホルモン薬などが用いられます。

アラーム治療は下着にセンサーを取り付け、センサーが尿を感知するとアラームが鳴ります。
このアラーム療法は夜間に覚醒させて排尿させるのではなく、排尿をコントロールする訓練でもあります。
この治療法を長期間続けると、夜間にアラームが鳴っても朝まで我慢できるようになり、最終的には夜尿の消失や膀胱の許容量を増大させる効果があると考えられています。

漏らさないためには

女性は男性よりも尿道が短く、更にお産を経験することにより排尿をコントロールする骨盤底が損傷し、しっかりと尿道を閉塞することができなくなります。
そして尿漏れを起こす原因ともなってしまいます。

夜尿症対策は尿漏れ対策と同様で、排尿のコントロールを行っている骨盤底の筋肉を鍛えることが有効とされています。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング