自律神経失調症
消化器科,神経性胃炎自律神経の関連疾患

消化器科-神経性胃炎

病変が見られないのは自律神経の影響!?

自律神経失調症

自律神経から胃炎へ胃炎には、症状が同じでも細胞粘膜にびらんなどの病変が見当たらない神経性胃炎という疾患が存在します。
このページでは神経性胃炎についてご紹介していきますので、原因不明の胃の不調で悩んでいる方も参考にしていかれてはいかがでしょう?

神経性胃炎〜ストレスの溜めすぎは×

神経性胃炎とは神経性胃炎は、医療機関で消化器検査を受けても病変が見当たらないのですが、胃炎の症状を強く出現します。
胃薬での回復は見られず、胃の働きは衰えていき、胃の不調が続く状態を神経性胃炎と呼んでいます。
また、精神安定剤を服用することで症状が軽快する胃炎を上腹部不定愁訴症候群や胃神経症と呼ぶこともあります。

原因はストレスが有力とされていて、ストレスを受けると脳にある神経中枢が刺激され、胃などの内臓機能を支配している自律神経系に作用し、自律神経の均衡が乱れます。
すると、消化機能を果たす胃の蠕動運動に障害が起こり、胃の不快感を呈すようになります。
また、自律神経系の一つである交感神経が興奮すると蠕動運動の働きが低下したり、胃酸が増えたことで胸やけ、不眠、食欲不振が起こります。

治療

神経性胃炎は自律神経に変調が起き、失調したために発症します。
治療は精神安定剤などで自律神経機能の回復を目指し、心因的なストレスが根強い場合は抗うつ剤や抗不安薬を使用する場合もあります。

精神的な安定を図る他にも胃部不快感への対症療法として、H2ブロッカーなどの制酸剤や消化管機能改善剤などが用いられます。
また、原因となっているストレスを除去することも大切です。
しかし、ストレスの原因は何かとばかり考えていては更に症状を悪化させてしまうので、溜めたストレスの解消法を模索することや、ストレスを溜めない生活を心がけるようにしましょう。
疲れを溜めないことや栄養の摂れた食事、規則正しいライフスタイルを作るだけでも幾らか軽減されると思います。

その他、人により東洋医学の漢方薬を用いて治療をされている人もいます。神経性胃炎は、急性胃潰瘍などに繋がる危険があります。胃の不快感でも放っておかず、早期発見・早期治療に努めましょう。
診察にかかる科は消化器内科、神経内科、心療内科が良いかと思われます。

同じ胃炎でも症状を呈する胃炎

皆さんが胃炎と聞いて想像するのは急性胃炎と慢性胃炎のことだと思います。
急性胃炎はコーヒーや香辛料、鎮痛剤などの胃に刺激を与える物質などが起因し発症することがあります。
急性胃炎は胃の疾患でも発症頻度が高く、日常でも多くみられる疾患です。
発症時にはびらんや出血がみられることもあり、潰瘍が生じているケースもあります。この急性胃炎の再発が繰り返えされていると慢性胃炎へと移行する恐れがあります。

慢性胃炎とは胃の細胞粘膜に炎症が見られることではなく、胃粘膜が急性胃炎の再発やびらんを繰り返した結果、細胞粘膜が変性したことを言い、胃が老化したとも考えられます。
習慣付いた食生活や体質が関係し、胃液を産生・分泌する細胞が不足し、胃酸の濃度が下降します。

症状には胃のもたれ感や嘔吐、ゲップ、胸やけ、吐き気などがあり、胃炎を起こしている一部の人には貧血がみられることもあります。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング