自律神経失調症
循環器科,不整脈自律神経の関連疾患

循環器科-不整脈

不整脈は脈が飛ぶ?それって大丈夫なの!?

自律神経失調症

代替テキスト自分の手首の脈を触ってみて、脈が飛んだことのある人は居ませんか?
脈のリズムが乱れることは健康な人にも見られることだったりするので、病気に限ったことではないそうです。

では脈が乱れる不整脈とは何なのでしょう?

不整脈の乱れに心配は?

代替テキスト不整脈とは脈拍のリズムが乱れ、不規則になることを言います。
心臓は筋肉でつくられている臓器で、筋肉に微量の電気刺激を受けることで心臓が興奮し拍動します。

血液を体内に循環させるポンプの役割を持つ心臓は、心臓内の心室・心房の拡張と収縮を行っています。心室と心房が行う拡張と収縮を支配している電気回路を刺激伝導系と呼び、刺激伝導系の機能に障害が現れ脈拍リズムが狂うことを不整脈と呼んでいます。
しかし、不整脈の中には心配する必要のないものもあると言われています。

不整脈には頻脈や徐脈、洞性不整脈など数種類あり、それらが現れる原因は自律神経失調症・狭心症・心筋梗塞・心筋症などの心疾患を抱えている場合に多くみられます。
他にも高血圧・過労・脱水・甲状腺疾患・風邪・ストレスなど全身に影響を及ぼすものや、老化による不整脈が見られることがあります。

症状

不整脈を持っている人が最も多く訴える症状は、脈が飛ぶと感じること(期外収縮)や動悸です。
他にも頻脈や脈拍リズムの乱れ、胸部圧迫感や疼痛、徐脈では眩暈や全身倦怠感などを訴えることがあり、失神を起こす場合もあります。
また徐脈が続くと息切れも見られるようになります。

頻脈になると動悸や体内に血液を循環させる力が弱まり、十分な血液が体内に送られないため意識混濁や吐き気が出現します。
期外収縮型の頻脈では通常のテンポよりも早めに電気刺激が心臓に伝わってしまい、1度の拍動で十分な血液を拍出することができません。

心臓は正常に機能しているのですが、拍動が弱く脈として感じられないため、触知しても脈が飛んだように感じるのです。
期外収縮が生じると血圧の低下がみられ、胸が詰まるような感覚、徐脈の出現や脈が飛んだと感じることがあります。
2〜3拍に1拍飛ぶというようにリズムを取って脈が飛んでいるときは期外収縮が起きていると考えてよいと思われます。

洞性不整脈

脈拍のリズムは正常なのですが、たまに不規則な動きがある不整脈をいいます。
洞性不整脈には洞性頻脈と洞性徐脈があります。

洞性頻脈

一分間に脈を100回以上数えることのできる状態で、不安・興奮・緊張などのストレスや、アルコール・運動で脈は増えます。
病気が起因するものは排除しますが、ときに甲状腺機能亢進症など病気の随伴症状として発症する可能性があります。

この洞性頻脈は生理的な現象なので、一過性の動悸などであれば過度の心配は必要ないと思われます。
症状が持続したり、頻度が多いようならば医療機関へ受診しましょう。
また、ストレス刺激が交感神経を興奮状態にさせてしまうと、洞性頻脈以外の不整脈を招く恐れが高くなると考えられます。

洞性徐脈

一分間に脈が50回以下の状態で、習慣的にスポーツをする人に見られることが多いです。
40回を下回ると病気が起因している可能性もあり、甲状腺機能低下症などの疾患が考えられます。

治療

不整脈の治療法にはペースメーカー治療、両室ペースメーカー治療、薬物療法、高周波カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)、植え込み型徐細動器(ICD)のいずれかが行われます。
ペースメーカー治療は、徐脈がみられる不整脈に対して、ペースメーカーという脈の速度を調整してくれる機械を植え込む外科治療です。

ペースメーカー治療が適応となるのは、徐脈性心房細動、洞不全症候群などです。
個人の病状やペースメーカーにもよりますが、ペースメーカーの電池耐久年数は約7〜10年と言われています。
高周波カテーテールアブレーション(心筋焼灼術)は、不整脈を引き起こしている心筋の電気回路にある病変部に高周波を当て熱により凝固壊死させる治療法です。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング