自律神経失調症
婦人科,更年期障害自律神経の関連疾患

婦人科-更年期障害

女性ホルモンの減少と更年期障害

自律神経失調症

女性ホルモンと更年期障害の関係更年期障害について正しく理解されていますか?
このサイトをご覧になられている方の中にも更年期障害をお持ちの方がいらっしゃるかも知れません。

このページで再度、更年期障害について理解を深めていってください。

女性ホルモンはなぜ減少するのか?

更年期障害の原因更年期とは一体何のことを指すのでしょう?
女性の身体にある卵巣からは女性ホルモンという細胞が産生されています。
次第に卵巣の働きが衰退し機能しなくなり、女性ホルモンは不足した状態になります。
この女性ホルモンが不足した状態で体調が落ち着くまでの期間が更年期と呼ばれています。

更年期が生じる時期は閉経を挟んだ前後5年、合計10年くらいとされ、女性の閉経が訪れる平均年齢は約50歳と言われているので、大体45〜55歳くらいに更年期が訪れると考えられます。

それでは、更年期障害とは何なのでしょうか?
女性の身体には卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれるホルモンがあります。
卵胞・黄体ホルモンは脳下垂体から産生される性腺刺激ホルモンが分泌されることによって、卵巣から産生・分泌されます。

思春期に突入した女性の卵巣には数十万という卵胞が存在し、そのホルモンの作用により女性らしい体がつくられていきます。
しかし40歳頃を迎え、中年層になると体の中の女性ホルモンは減少し始め、50歳頃には数千個にまで減ってしまいます。
女性ホルモンの減少に伴い卵巣機能も衰退していくため、体内に十分な女性ホルモンが分泌されません。
しかし脳下垂体からは性腺刺激ホルモンが分泌されているため、体のホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスの変化が自律神経に影響を与え、様々な不定愁訴を引き起こすことになります。
この現象を更年期障害と呼んでいます。

また最近では男性にも更年期障害が増加しています。
男性の場合は男性ホルモンであるテストステロンが減少したために発症するのですが、必ずしも発症する訳ではないようです。
テストステロンは男性の筋肉を発達させたり、ひげを硬く濃くするなどの働きがあり、50代後半頃から減少し始めます。

女性の更年期障害とは違いますが、ホルモンバランスの変化により肉体や精神に女性の更年期障害と似たような症状を現すことから男性更年期障害と言われています。

症状

更年期障害は人により現れる症状が違いますが、更年期と自覚できる症状が殆どです。
自律神経系が変調したことにより起こるホットフラッシュという発汗とのぼせが見られたり、頭痛、耳鳴り、月経異常、倦怠感、肩凝り、食欲不振、不眠、口渇、腰痛などの症状が多く見られます。

また精神症状としてイライラ感や些細なことで落ち込んだり、うつ症状が見られるといったこともあります。

治療

主にホルモン薬によるホルモン補充療法(HRT)が行われています。
他にも自律神経系のバランスを整える自律神経調整剤、人によっては漢方薬による治療を行っている人もいます。

ホルモン補充療法(HRT)

閉経前後で減少し始めている女性ホルモンや、更年期における様々な症状を内服薬や貼付薬でホルモン補充し、改善させる治療法です。
エストロゲンの補充を行うことによって自律神経系のバランスが正常に戻され、自律神経失調症から引き起こされていたホットフラッシュや動悸などの症状に回復が見られるようです。

多くの場合はこのホルモン補充療法を開始してから3ヶ月くらいで、不定愁訴などの症状の改善が見られているようです。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング