自律神経失調症
耳鼻科,メニエール病自律神経の関連疾患

耳鼻科-メニエール病

メニエール病の発症原因は…

自律神経失調症

メニエール病と自律神経失調症の関係メニエール病と自律神経失調症の発症原因は同じものだった!?
自律神経系の症状に耳鼻科疾患であるメニエール病がどのように関連しているのでしょう?

自律神経失調症と通じるメニエール病

メニエール病とはメニエール病の発症原因は未だ解明されておらず不明ですが、発症因子として挙げられているのが睡眠不足・重度のストレス・疲労の蓄積などです。
そしてこの発症因子は自律神経失調症にも繋がっています。

自律神経失調症が発症した後にメニエール病になることもありますし、またその逆の場合もあります。
早期に自律神経失調症を発覚し、メニエール病に通じる症状があればそれはサインであり、改善治療を行うことで予防にもなります。

症状は次第に後遺症に

メニエール病に見られる症状は自律神経の乱れから起こる場合があり、回転性の目眩とともに耳鳴り・難聴などが現れます。
ぐるぐると世界が回るような眩暈発作が治まると耳鳴りなどの症状も回復するのですが、頻度を重ねる度に難聴が進み、耳鳴りも治まらずにいつも鳴っている状態となり、平衡感覚に障害が出ることがあります。

眩暈は一回につき数十分から数時間毎に起こり、吐き気や顔面蒼白、嘔吐、血圧低下を招くことがあります。
また眩暈に随伴し、耳閉塞感(耳がつまった感覚)や耳鳴りなどを呈します。難聴では低音域が聞き取りにくくなるという症状が見られる場合があります。

メニエール病は30代〜50代の中年層に多く見られ、子供に発症することは殆ど無いと言われています。
また、ご紹介している症状がすべて出現する訳ではありません。

症状が同じものでもメニエール病と限られたことではなく、他疾患である可能性もあるので医療機関にご相談ください。

治療について

メニエール病の治療には外科治療、薬物療法の2つが実施されます。

外科治療

外科治療では聴力を温存する前庭神経切断術と内リンパ嚢開放術があり、重度の難聴を持っている人には聴力が消失する内耳破壊術が行われることがあります。
前庭神経切断術は眩暈などに有効とされ、症状の改善が多く報告されているそうです。

内リンパ嚢開放術は内リンパの減圧を図るもので、長い目で見るとめまい発作などの症状軽快が見られます。

薬物療法

メニエール病には症状を改善する対症療法が行われます。
内服薬には嘔吐を抑える制吐剤、内耳の平衡感覚を正常に戻す目的で用いられる末梢血管改善剤やビタミン剤、めまいを抑制する鎮静剤、眩暈の症状が強いと恐怖心から自律神経系に影響を与えることがあるので安定剤を処方されたり、静脈注射や点滴注射では炭酸水素ナトリウムを注入し補液されることがあります。

薬物療法で症状の改善が見られず、日常生活に問題が発生する場合や極度の聴力悪化が見られる場合には外科治療が適応されます。

生活習慣が大事!

メニエール病の発症原因とも考えられているストレスや睡眠不足、疲労を溜め込まないことが予防に繋がり、自律神経失調症を予防することにもなります。

予防としては十分な睡眠・休息、ストレスの解消、規則正しい食生活、禁煙などです。
規則正しい生活リズムを身に付けるために睡眠不足を避け、疲労を蓄積しないよう十分な休息をとり、ストレスを溜めないように解消法やリラックス方法を模索していきましょう。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング