自律神経失調症
ライフスタイル,予防,生活自律神経失調症の治療

ライフスタイルの確立

症状改善には生活習慣の見直しから

自律神経失調症

自分でできる治療法自律神経失調症の治療は、薬物療法などの医療機関で行われる治療も大事になりますが、その他にも自分も外側からの治療を行っていく必要があります。

まずは何から見直す?

生活習慣の見直し自律神経失調症は体質や性格なども発症する要因の一つとなっていて、多くの場合はストレスから発症すると言われています。
治癒するまでには長い時間が必要となり、再発の恐れがあるものでもあります。

自律神経失調症では出現する症状に個人差があり、人によって違う症状を現します。
また長期化する治療の中で上手く自律神経失調症と付き合っていくために、発症した原因や問題を取り去り、規則正しい生活習慣を身に付けていくことが必要となります。

生活習慣(ラフスタイル)の確立

毎日の生活習慣も自律神経失調症を発症させる要因の一つと言われています。
日頃の生活において不規則で偏った食生活、睡眠不足など生活習慣の乱れ等が自律神経系に影響を及ぼしていると言われています。

私たち人間は日中の活動とともに交感神経が活発に働き、夜には副交感神経が働くためリラックス状態となります。
しかし、この働きに変調をきたすと自律神経失調症となります。

栄養の摂れた食生活

最近は朝食を抜く人が増加傾向にあります。
しかし食事を抜く生活を続けることによって、身体の栄養が傾いたり、体内の抵抗力や免疫力が低下します。

休息も大事!

過度な労働で溜まった疲労なども自律神経失調症を引き起こす要因となるため、一日の終わりにはぬるめのお湯にゆったり浸かり、その日の疲れを癒しましょう。
リラックス時には副交感神経の働きが活発になり、血行が促進され体の芯から温まると入眠しやすくなります。

睡眠不足は大敵!

毎晩数時間の睡眠しか取らず昼夜逆転した生活を続けている人は、元から備わっている交感神経と副交感神経のスイッチが上手く切り替わらなくなり、自律神経失調症を起こす可能性があります。
また夜型人間で睡眠不足が習慣となってしまっている人も自律神経失調症を起こしやすくなります。

適度な運動も効果的

過度な疲労の蓄積は自律神経失調症を起こす切っ掛けになってしまう可能性がありますが、適度な運動は爽快感が得られ、イライラ感などを取り去る作用もあります。また程好い疲労感があり、入眠しやすくなります。

ストレスとの関係

自律神経失調症の最大の原因として挙げられているのがストレスです。
ストレスには心理的ストレスと身体的ストレスがあります。
心理的ストレスには人間関係や仕事のトラブル、経済問題などがあり、身体的ストレスは病気や満員電車での長距離通勤、怪我などです。
自律神経失調症は個人の体質や性格も関係していて、もともと自律神経失調症になりやすい人は多少のストレスが掛かっただけで発症する人もいます。
また体質や性格に関係なく、ストレスが過剰に圧し掛かったために自律神経失調症になってしまう人もいます。

ストレスとなる要因をストレッサーと呼ぶのですが、自律神経はこのストレッサーから身を守るために防御機構の調整を行っています。
しかし、ストレッサーから受ける刺激が限界域を超えたり、持続的な長期刺激だと防御機構を崩してしまいます。
防御機構である自律神経系が崩れることで自律神経失調症を起こします。
ストレスを原因として自律神経失調症を起こした人は、ストレスを除去することで症状の改善や回復が見られる可能性がありますが、もともと発症しやすい人で体質や性格が起因した人はストレスの除去で回復する可能性は低いと考えられます。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング