自律神経失調症
治療自律神経失調症の治療

自律神経失調症の治療

治療法は数たくさん!自分に合った治療法を

自律神経失調症

自律神経失調症の治療法とは自律神経失調症の治療には医療機関で行われている薬物療法や理学療法、カウンセリングや音楽療法などの対症療法が行われています。

自律神経失調症の治療法とは?

治療法の種類自律神経失調症では薬物療法などの対症療法が行われ、辛い症状を抑えてくれるのに効果を示す治療方法です。
効果が得られるとして挙げられているのが薬物療法ですが、副作用が出現することがあります。

薬物療法には抗うつ剤、睡眠導入剤、抗不安薬、自律神経調整剤などを用いられ、副作用には口渇・便秘・嘔吐・脱力感などが出現することがあります。
また、自律神経失調症の治療方法は薬物療法だけでなく、生活習慣の改善など身体面・精神面の両方にアプローチする治療が必要となります。

その他の治療法には音楽療法やカウンセリング、鍼灸治療、マッサージ等があります。

理学療法

理学療法には鍼灸や指圧、整体や温熱療法、マッサージ等があり、これらの理学療法にて自律神経失調症の症状が改善することがあります。

心理療法

自律神経失調症の原因の多くはストレスや人間関係の衝突、不安や元々の性格が起因しています。
心理療法は心の問題の治療を目的に行われる方法で、精神療法とも呼ばれています。
心理療法の中には訓練により自分で心身の均衡を図る自律訓練法(セルフコントロール)やカウンセリングなどの治療法があります。

薬物療法

自律神経機能が変調する原因には、現代社会から受けるストレス等の社会的・心因的な要因があると考えられます。
イライラ感や不安感、不眠や目眩などの身体症状の回復に用いるのが薬物療法です。

東洋医学による治療法

東洋医学は中国医学とも言い、漢方薬による治療が行われます。
自律神経失調症では身体面の問題だけではなく、心理的な問題を抱えている人には精神症状が現れ易かったり、自律神経の乱れが見られる傾向があります。

漢方は自然治癒力を高める働きを促進させ、心身のバランスを整えてくれる効果を持っていると言われています。

パソコンやテレビも自律神経失調症の原因に!?

自律神経失調症の症状が現れるのは自律神経系が乱れたことが原因なのですが、自律神経系を乱す原因にはテレビやパソコン、携帯電話、車の運転などがあるというのです。
テレビや携帯電話、パソコンはディスプレイ画面から放たれる光刺激が目から情報として脳に伝わるのですが、その光刺激自体が脳にとってストレスに変わり、自律神経系である交感神経の働きを活性化させているのです。

運転中、車のスピードは人間の移動スピードよりも速いため、脳がスピードをストレスと感じ、交感神経が活発になってしまいます。
日常的の働きの殆どは交感神経が優位になっていますが、交感神経が優位になったままの状態が持続すると副交感神経の機能が衰えてしまいます。
そうなると副交感神経が優位になることはなく、交感神経が優位になった状態が続き、自律神経失調症は起こります。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング