自律神経失調症
検査自律神経失調症の治療

自律神経失調症の検査

自律神経失調症の診断方法とは

自律神経失調症

自律神経失調症の診断方法自律神経失調症は医師により診断が異なり、「異常なし」となるケースがあります。
一体、自律神経失調症はどのように検査して診断されるのでしょうか?

診断の境界線は曖昧〜自律神経失調症の検査

検査の詳細自律神経失調症の発症機序は未だ解明されておらず、しっかりと病気として確立されてはいません。
そのため、現在見られる症状が自律神経失調症であるかの検査には不明瞭な部分があるそうです。

自律神経失調症の検査では、初めに症状の原因が自律神経失調症ではなく、他の疾患が原因ではないかを調べる検査が行われます。
自律神経失調症は他疾患(内臓疾患や精神疾患)との類似症状が多いため、他の疾患を疑う必要があります。
自律神経失調症の診断基準の一部となるのが、「胃部不快感や全身倦怠感などの不定愁訴を訴えている」「自律神経の機能検査で自律神経系の変調が見られる」「気質的な疾患や他の疾患が認められない」等です。

検査に病変などの異常は見られず、他の疾患である可能性が消えた場合は、器質的な疾患ではないと言うことができます。
器質的とは病変組織や細胞が変性し、形状が変化したり、特定の部位に病変が見られるため他者でも発見することのできる状態を言います。
検査結果が器質的でないということは潰瘍や悪性新生物、梗塞などの疾患ではないということです。
器質的な病変が見つからない場合は、臓器や器官に異常の見当たらない機能的疾患となるのですが、眼に見える疾患と違って眼に見えない分、自律神経失調症はとても判断の難しい検査になるという訳です。
検査は面接から始まり、除外診断、自律神経系の機能検査、心理テストが行われます。面接では問診表への記入を行い、除外診断では心電図や血液検査などで他疾患の可能性を確かめる検査が行われます。
自律神経系の機能検査では自律神経に変調が見られるかどうかの検査、心理テストは症状が書かれた自己診断的なチャートが渡されることがあるので自己診断の記入等が自律神経失調症の検査で行われます。

近頃では身体症状・精神症状のみを呈し、病変の見当たらない機能性疾患をすべて自律神経失調症と一括りに診断してしまう医師もいるようです。
しかし、出現している自律神経失調症の症状が悪性腫瘍と類似しているケースも見られるので、簡単に自律神経失調症と片付けてしまうと危険な疾患を見逃してしまう可能性もあります。
診断には十分な配慮が必要になります。
自律神経失調症かどうかを自己判断するには、自律神経失調症の症状として知られている身体症状や精神症状が重複して出現しているかが鍵となります。症状に重点を置き、当てはまるものが多い場合には医療機関を受診し、医師に相談してみましょう。

自律神経失調症は、身体器官などを司る交感神経と副交感神経の自律神経系機能が狂ってしまうことにより生じます。
消化器官や全身症状などに重複して出現するのが自律神経失調症の特性です。
自律神経失調症が発症していると思われる場合にはシャロンテストという検査が行われることがあります。
シャロンテストとは立位負荷試験とも呼ばれ、寝た状態から直立させて脈拍などのバイタルを確認します。
血圧の収縮期や脈拍の数値から診断する方法です。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング