自律神経失調症
症状,身体症状自律神経失調症の症状

自律神経失調症-身体症状

症状は複数で〜自律神経失調症の身体症状

自律神経失調症

自律神経失調症の身体症状身体の内臓器官における制御を任されている自律神経は、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く行えなくなると今までどおりの制御が出来ず、色々な症状が現れます。

随所に及ぶ身体症状

身体症状の種類自律神経は生命維持機能の働きをしているため、自律神経のバランスが崩れると体の随所に症状が出現します。
自律神経から起こる症状は、一つ現れては次の症状を呈すというような出現の仕方ではなく、複数の症状が一度に出現することが多く、出現と消失を繰り返す傾向があるようです。
しかし、症状の現れ方にも個人差があり、症状が一つの場合もあるかと思います。

自律神経失調症からくる全身症状には、微熱/倦怠感/食欲不振/不安感/フラつき/めまい/身体の火照り/寝付きにくい等が見られます。
ご紹介する症状がすべて出現する訳ではなく、どの症状が現れるかは個人差があります。

頭部:頭痛/筋緊張性頭痛/偏頭痛など

自律神経からくる頭痛は症状の強さや、現れ方など個人差により出現方法や出現場所が変わってくると思われます。
自律神経性の頭痛では、頭の側部に感じるズキズキするような痛みや、首から後頭部全体が締め付けられたように痛む場合が多く見られるようです。
他にも頭部全体が頭重感を覚えたり、圧迫感を自覚したりします。

口腔:口渇/味覚障害//唾液の異常分泌など

口腔内が乾いた状態になり、水分を補給しても潤わず、常に喉がカラカラに渇いています。
食事では味覚が鈍くなり、食物の味が分らなくなったり、食物の味が違うように感じるようになります。

耳:耳鳴り/耳がつまったような閉塞感など

耳孔内で“ジーン”や“ザー”というような音がいきなり聴こえてきたり、その音が持続して聴こえていたりします。
また、耳の中に異物が滞っているような閉塞感があります。

目:眼精疲労/ドライアイ/眼痛/涙目など

眼精疲労の症状が現れたり、目の中に鈍い痛みがあります。
また、目は乾きやすくなり、乾燥による痛みがあります。
乾燥とは逆に常に涙で潤っている状態になることもあります。

手/腕/足部:冷感/ほてり/しびれ/感覚異常など

自律神経失調症では血液の末梢循環が滞るので循環状態は悪く、暖かいシーズンでも四肢冷感を感じたりします。
自律神経失調症の四肢冷感は男性にも見られる症状です。
さらに血液循環の悪さが四肢の痺れや感覚異常、冷感とは反対の火照りをもたらすことがあります。

筋肉/関節:肩凝り/背部痛/筋肉痛/関節痛など

肩がガチガチに凝ってしまったり、スポーツをしていないのに筋肉や関節に疲労感や倦怠感を感じ、全身が筋肉痛になることもあります。

喉頭部:嚥下困難/異物感/イガイガ感など

風邪を引いているわけでなくても風邪のときのようなイガイガ感が現れたり、食事を飲み込んだ時には喉に引っかかるような異物感を訴えることがあります。

皮膚:発汗異常/掻痒感/乾燥など

自律神経は体温調整を行うのに汗を放出する汗腺もコントロールしていますが、自律神経系の調整が崩れるとその場の気温に反して大量の発汗異常が見られることがあります。
この発汗は冬季でも現れます。緊張から掌や足の裏など部分発汗が見られる人も居ると思いますが、自律神経失調症の場合でも部分発汗がみられることが多いです。

他にも皮膚の乾燥が見られ、掻痒感を呈します。

泌尿器:排尿痛/残尿感/頻尿/排尿困難など

排尿しても残っている感じがしたり、排尿時に痛みを伴ったりします。
また頻繁に尿意を感じてトイレに走ったり、尿意を催してトイレに行っても尿が出にくかったりします。

消化器:胃部不快感/膨満感/食欲不振/下痢/便秘/吐き気/腹痛/腹鳴など

胃に感じる不快感が強く、胃痛や膨満感などの症状があります。
食欲が減退し、食事の度につわりのように吐き気が襲ってくるというような人もいます。
また食事とは関係なく吐き気を催す人もいますので、個人差により症状は異なってくると思われます。

呼吸器:呼吸困難/動悸/息切れ/息苦しさなど

極度の緊張や過度の運動で見られる呼吸器症状ですが、自律神経系の場合は緊張や運動に関係なく、突然症状が現れ苦しさを訴えます。

循環器:血圧の上昇、低下/不整脈/動悸/めまい/胸痛/のぼせ/しびれ/四肢冷感など

外部刺激から何かの影響を受けたことにより身体や感情が反応したわけでなく、突発的に心拍数の上昇が見られたり、脈のリズムが乱れる不整脈が引き起こります。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング