自律神経失調症
原因自律神経失調症とは

自律神経失調症の原因

自律神経失調症を引き起こす原因

自律神経失調症

自律神経失調症の原因自律神経として分類される交感神経と副交感神経のバランスが崩れるのは何故なのでしょうか?この2つの神経の切り替えが正常に行えなくなる原因とは?

ストレスが最大原因!?〜自律神経失調症の発症〜

ストレスと自律神経の関係自律神経失調症は、日常生活上で受ける外部刺激から自分を守ろうとする自己防衛機能を自律神経が果たすために起こる疾患です。
日常受ける外部刺激の多くはストレス刺激と言われています。
職場や学校等での人間関係や仕事、病気、騒音、外気の寒暖、睡眠不足などが外部から受けるストレス刺激と言えるでしょう。

自律神経系2つの神経のON/OFF切り替えが上手く行えなくなる原因には、ストレスが大きく関与していると言われています。
生活上で何か問題が生じ、精神的な緊張状態が持続すると交感神経が優位になり、交感神経の機能が弱まることなく働き続けると自律神経のバランスが崩壊し、自律神経失調症を引き起こすのです。
その他にも持って生まれた体質や乱れた生活、ホルモンの分泌異常などが挙げられています。

過度なストレス

自律神経失調症を起こす最も濃い原因と言えるのがストレスです。
神経が敏感に反応する人や、もともと自律神経の均衡が崩れやすい人などに過剰なストレスが負荷されると、自律神経失調症を発症しやすくなります。
自律神経のバランスが崩れやすい人でなくても、自分の許容量を越えたストレスが負荷されると発症するリスクが高まります。
しかし、どの程度のストレスで自律神経失調症を引き起こすのかは個人差があるのではっきりとは言えませんが、その人にとって深刻な問題からくるストレスが過重されると発症しやすくなる確率は上昇します。

では日常においてどのようなストレスを感じているのかというと、睡眠不足や乱れたライフスタイルなどの肉体的ストレスと、生活環境の変化、難しい人間関係、労働上の社会的ストレス等の精神的ストレスがあります。

女性ホルモン

自律神経を制御しているのは大脳にある視床下部という所です。
視床下部の付近には脳下垂体という女性ホルモンを分泌している所があり、この脳下垂体も視床下部によって制御されています。
しかし脳下垂体を制御している視床下部でも、分泌されるホルモンからの刺激を受けることがあります。
ホルモンによる刺激が自律神経機能に影響し、ホルモンバランスが上手く均衡を保てなくなると、自律神経系も同様に均衡を崩してしまいます。

女性ホルモンは女性の一生になくてはならないもので、思春期に迎える初潮や、月経、妊娠/出産、更年期から閉経を経験するように、変化を繰り返し複雑化しています。
脳下垂体から分泌される女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)があります。

ストレスへの耐性が弱い

緊張状態が高まるとお腹を壊したり、嘔吐してしまったり、環境が変化するとなかなか寝付けないというように神経が敏感なために、自律神経のバランスが崩れやすい体質を持っている人もいます。
また性格的な要因も考えられ、人に逆らえない、人の目を気にし過ぎる、頑張りすぎる、気持ちの切り替えがヘタ、お人好しだったり真面目すぎる人など、ストレスを溜め込んでしまうような人たちに発症しやすい傾向があります。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング