自律神経失調症
自律神経失調症,自律神経自律神経失調症とは

自律神経とは何か?

自律的な神経とは?〜反する二つの神経

自律神経失調症

自律神経とは人の体にはたくさんの神経が分布していますが、その中の一つである自律神経とはどういった働きをするのでしょう?

自律神経についてご紹介します。

人間の体を統べる神経

交感神経と副交感神経体内に巡っている神経や血管は脳に繋がり、脳は背骨の中を走っている脊髄と繋がりって中枢神経となります。
中枢神経からは末梢神経という全身に分布されている神経がたくさんあり、その末梢神経は自律神経と体性神経の2系統の神経に分類されます。

自律神経とは、身体器官である血管や体温調節のための発汗を放出する汗腺、尿を溜め排泄する膀胱、心臓の拍動など私たちの意志では制御できない働きを自然と調整し、体を統べている神経のことです。また人間の生命維持に必要な働きをしています。
体性神経には皮膚に感じる痛覚など感じた刺激を脳に伝達する感覚神経、また脳からの指令に従い四肢の筋肉などを動かす運動神経などがあります。
自律神経とは違い、自分で意図的に動かせたり、制御できるようなもの(四肢の屈伸やまばたきなど)は体性神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経という、対する2つの自律神経系に分けられます。
私たちは交感神経と副交感神経を無意識のうちに操作し、活動時にON/OFFのスイッチを切り替えるということを人間や動物の本能として行っているのです。
この二つの自律神経が上手く切り替わらないと、日常生活に影響が現れ、元気が感じられなかったり、就寝時に寝付きにくいというような自律神経失が調症した状態になってしまいます。

自律神経系を上手に切り替えるためには、規則正しいライフスタイルを身に付けることやストレスの解消、リラックした状態で肉体や精神の回復を図ることです。

交感神経の機能

活動時に働く神経で、労働/運動/ストレス/緊張/心配/驚き/興奮/恐怖感など、活動している時や精神的な気持ちの抑揚などを感じている時に優位に立ち、胃などの内臓器官の働きを抑える働きがあります。
日中は筋肉や脳が活性化するために酸素や糖分を必要となり、それらを運んでくる血液の循環を促進するために血圧を上昇させ、心拍数を上げたりします。

交感神経は、お日様が高くなるに連れて活発に機能するようになり、日中がもっとも働きを強め、お日様が沈み出し、暗くなるに連れてその働きは弱まります。
夜には眠気が訪れるとともに交感神経の働きは静まり、日中には上昇していた血圧や心拍数は低下していきます。

副交感神経の機能

休むときに働く神経で、睡眠/安心感/リラックスしている時などに優位に働きます。
副交感神経は体の傷ついた部位を治す機能があります。
活動していないときでも体内では副交感神経が働います。
また、この副交感神経が機能しているときでなければ、体内の大きな損傷を直すことはできません。

副交感神経は陽が落ち始めると活性化しだし、リラックスした状態である睡眠時には修復機能がピークになります。
陽が昇り始めると副交感神経の働きは弱まり、日中はあまり機能していません。

副交感神経は、交感神経とは逆に内臓器官の働きを促したり、血管を拡げて血液循環を促進します。
体内の損傷部位をケアするには血液により運ばれてくる栄養素などが必要になります。
血液は栄養素などと同時に体温の上昇に働きかけます。
しかし、冷え性の人などは四肢の末梢が冷えているため副交感神経が働きにくく、寝つきにくいそうです。
また食後に眠気が出現するのは、消化器官に送り込まれた食物を消化しようと副交感神経が消化器官など内臓に働きかけているためです。

【自律神経失調症セミナー】コンテンツ分類
  • 【自律神経失調症とは】自律神経の働きと病気の原因を確認!
  • 【自律神経失調症の症状】発汗異常や動悸、不安な感じやうつ病などの身体症状・精神症状をご紹介。
  • 【自律神経失調症のタイプ】神経症型・本能性型・心身症型など原因に応じた病気のタイプ。
  • 【自律神経失調症の治療】検査の方法から治療の種類や予防法をご紹介
  • 【自律神経の関連疾患】メニエール病・更年期障害・神経性胃炎などの関係のある病気
【自律神経失調症セミナー】コンテンツメニュー
  • 自律神経失調症の治療 - 自分に合った治療法を
  • ライフスタイルの確立 - 予防は規則正しい生活から
注目記事(自律神経失調症セミナー)ランキング